運動療育では個々にあわせた遊び方で確実に力をつけていくことができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「1本橋を渡る」遊びをご紹介します。

平均台の上を渡っていく遊びですが、

ただ歩いて渡るだけだとすぐに飽きてしまい、

速く渡ろうとして落下する危険が高まるので、

いろいろな遊び方で工夫し、集中力も高めながら遊びます。

 

まずは、両手を広げてバランスをとりながら渡る練習です。

上手に渡れるようになったら、次はお玉の上にボールを乗せて持ち、

ボールを落とさないように渡ってみます。

ボールと、自分の足元の両方に意識を向けながら動くことが必要になり、

視野を広げたり空間認知力を育てる効果があります。

 

 

平均台を渡るだけではなく、こうしてルールを追加していくことで

楽しく遊びながらいろいろな力をつけていくことができます。

そして、運動あそびで身につけた力を日常生活や学習面にも

活かしていけるように支援をしていきたいと思います。