運動が好きになれるように、楽しく動ける体を作っていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

まず、床には5つほどのフープをくっつけて並べたコースを作ります。

そして、このフープの中だけをウシガエルの動きで進んでいきます。

 

ウシガエルの動き方は、足を開いてしゃがみ、手を中についたら、

手→足→手→足の順番に前に出してつきながら進む動きです。

その時、足をつく位置は手の横か手よりも前にくるようにします。

そうすることで跳び箱を跳び越す動きに近づけることができ、

腕にかかる負荷が増えることで腕の力も強く育てることができます。

 

そして、フープの中だけに手足を入れて進むことで、

手や足をつく位置をその都度考えながら動かさなければいけません。

大事なのは、手をつく位置です。

先に手をついてから足を動かしてくるので、

手をフープの端についてしまうと、足をつく位置がなくなってしまいます。

手をついた後に足を入れることまで考えて、

手はフープの真ん中辺りにつけるようにします。

こうして、先のことまで考えて動くことが先を読む力を育て、

自分の体を考えて動かす力を育てていきます。

 

自分の体が自分の思い通りに動かせるようになると、

動くことが楽しくなり、どんどん運動が得意になります。

筋肉も脳も使えば使っただけ鍛えられるので、

子どものうちにいろいろな動きを経験して、

基礎作りをしっかりしていけたら良いと思います。