運動あそび「逆グーパー」で頭と体を元気にします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「逆グーパー」遊びをご紹介します。

手と足でそれぞれ違う動きをする遊びで、

自分の体をしっかりとコントロールして動かす力が育ちます。

 

まずは前に進んだりせずに、その場で練習します。

足を閉じてグーにし、両手は伸ばして大きく広げてパーにします。

次は上に跳びながら足を開いてパーにし、

両手は曲げて胸の前につけてグーにします。

これを交互に繰り返していきます。

 

速くやろうとすると大人でも難しいので、

まずはゆっくり挑戦してみます。

その場でスムーズに動けるようになってきたら、

次は肩幅ほどの2本の線を使って、

線の上をこの手足逆グーパーで渡っていくようにします。

 

この遊びでは、跳躍力を育てるとともに、

日常生活でも役立つ集中力や抑制力が育ちます。

継続して行なうことで少しずつ身に付き、

日常生活でも効果が見られてくるので、

こうした遊びを継続的に取り入れながら

しっかり力をつけていけるようにしています。