運動療育では効果的な動機付けで子どものやりたい気持ちを引き出します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「足抜き回りでポーズ」遊びをご紹介します。

鉄棒で足抜き回りをして遊びます。

速く回転すると楽しいですが、手が滑って落ちてしまったり、

肩を脱臼する可能性があるので、ゆっくり回転するようにします。

速く回るよりもゆっくり回る方が難しく、

体をコントロールする力をつけていくことにつながります。

 

ゆっくり回転することができるように、

着地地点に小さなフープや小さく切ったマットを置き、

その中に着地するように伝えます。

そうすると、回転の途中で着地地点を目視する必要があるので、

ゆっくり着地することができてきます。

 

そして、着地をしたら自分の好きなポーズを決めます。

ポーズを決めることを忘れてしまいがちなので、

最後まで覚えていてできるようにします。

 

着地地点の目印は、動物の絵などにして何の動物か当ててもらうようにしたり、

2色のマットを置いて「赤いマットに着地」と

着地する色を指定するようにしても楽しく遊ぶことができ、

しっかり目標物を見ようと動きをコントロールする動機付けにもなるので、

いろいろな遊び方で遊び、楽しく力を養えるようにしています。