「つなわたり」で走りの上達を目指します。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達の中には、バランスをとることが苦手な子もたくさんいます。

体のバランスをとることは、立っているときや座っているとき、

歩いたり走ったりするとき、全ての活動で重要になります。

運動あそびでしっかりと力をつけていきたいと思います。

 

運動遊びの「つなわたり」をご紹介します。

1本の縄を床に置き、その上を渡っていく遊びです。

足の指先をしっかり使えるように、裸足で行ないます。

ゆっくりで良いので、縄をよく見ながら落ちないように歩きます。

 

この遊びでは、不安定な足場を歩くことでバランス力や集中力を養い、

裸足で行なうので足の指先で踏ん張る力が育ちます。

指先の力がつくことで地面をしっかり蹴ることができるようになるので、

歩行の安定や走りの上達につながります。

また、縄の位置を視覚で捉えながら歩くことで先を読む力や空間認知力も養われます。

 

直線だけでなく、ジグザグコースや途中で友達とタッチをしたり、

しゃがんで積み木を拾うような遊びにも挑戦し、

様々な面での能力アップを目指していきます。