運動あそびで基礎力を養い遊びの幅を広げていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「エントツグーチョキパー」をご紹介します。

鉄棒に足掛け回りのようにして膝を掛けたら、

体をまっすぐにするように膝を伸ばして足を上に伸ばします。

体がまっすぐになったら、顎を開いて下を見るようにします。

これでエントツの完成です。

 

ここから、足をグー、チョキ、パーに動かしてみます。

慣れてきたら指導者とじゃんけんをしますが、

指導者の方を見ると顎が閉じて落ちやすくなるので、

目線は下を見たままで、指導者の声とじゃんけんをします。

逆さまで判断力が低下した状態なので、

しっかり考えながら足を動かせるように繰り返し練習します。

 

足に意識がいく余り、手の力が抜けて落下してしまう可能性があるので、

子どもの手首を握る補助をし、下には柔らかいマットや布団を敷いて

安全に遊ぶようにしながら、

握力や腹筋背筋を強く育て、のぼり棒やうんていなどの上達にも

つなげていきたいと思います。