「足きりごっこ」で高い集中力を身につけていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「足きりごっこ」のご紹介です。

ジャンプ系の遊びで、跳躍力を身に付けながら

集中力や判断力、抑制力を強く育てることができる遊びです。

 

やり方は、子ども達の足元に幅のある2本の線を引き、

その線の中に線に垂直になる向きで入って、

線の中からはみ出さないように伝えます。

指導者が2人で線の両端に立ち、大縄の端をそれぞれ持って、

声を掛けながら子どもの足元をすくうように移動します。

子ども達は、動いてくる縄に引っ掛からないようにその場でジャンプします。

 

気をつけるポイントは、2本の線の中から出ないこと。

縄の動きをよく見て、タイミングを合わせて跳ぶことです。

 

慣れるまでは前方向からだけ縄が来るようにし、

慣れてきたら、縄が前からも後ろからも来るようにしたり、

縄が動くスピードを速くしたりすると、

集中力が増し、動きを素早く切り替える力なども育ってくるので、

子ども達の様子に合わせて難易度を調節しながら、

楽しく遊んでいきたいと思います。