「電車一列歩き」で友達の動きに合わせて動く練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「電車一列歩き」をご紹介します。

子ども達は1列に並び、電車に変身して歩きます。

電車になることをイメージして、腕は車輪のように回しながら

前の人について歩いていくようにします。

 

前の人にぶつかったり、追い越してしまったり、

間隔が空きすぎてしまわないように、

一定の間隔を保てるように前の人をよく見ながら歩きます。

簡単なようですが、やってみると意外と難しく、集中力を使います。

 

このような遊びで人のペースに合わせて動くことで、

社会性が身についていきます。

また、相手との距離感をつかむ空間認知力や、

自分の歩きたいように歩けないことで抑制力なども育ちます。

 

慣れてきたらジグザグに動いてみたり、コースを変えて動き、

さらに力をしっかりと育てていきたいと思います。