相手の気持ちを考える力を育てる「口パクジェスチャー」遊びです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「口パクジェスチャー」をご紹介します。

指導者が、声を出さずに口パクとジェスチャーだけで子ども達に何かを伝えます。

例えば「のどが渇いたから水が飲みたいな」などの内容を

口の動きとジェスチャーを使って伝えるので、

子ども達はそれをよく見て、相手が何を伝えたいのかを考えて答えます。

 

大事なのは、答えを当てることよりも相手の言いたいことを

読み取ろうとすることです。

相手が何を言いたいのかを感じようとするには、

脳の前頭前野の力とミラーニューロンの働きが必要になります。

 

発達障害の子ども達は、特に共感する力や察する力を

身につけることが大切になってくるので、

継続的にこの要素を活動の中に取り入れることで、

良い人間関係を作っていくために必要な

「相手の気持ちを考える」という力を育てていきたいと思います。