座り姿勢を綺麗にする筋力を育てる「両足サルキック」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「両足サルキック」をご紹介します。

逆上がりの練習になる遊びです。

まずは鉄棒に腕を曲げたままでぶら下がり、

膝を曲げて足を持ち上げる「さるのぶら下がり」をします。

そして目の前の目標物に向かって、両足をそろえてキックします。

 

キックする時は、足の指先に力を入れて指先からキックするイメージで

足を伸ばしてキックします。

足を閉じて行なうことがポイントなので、

足をくっつけて両足キックをするように声掛けします。

 

両足をくっつけることで下半身が一体化するので、

力に伝達がスムーズになります。

また、足を閉じることで足の内側の筋力を使うので、

椅子に座った時に足を閉じて座ることができるようになります。

 

このように、運動の技術習得だけを目的にするのではなく

身につけた力が日常の中で活かせることを考えながら、

日々の活動を行なっています。