「手押し車でじゃんけん」で友達に合わせて動き、社会性を高めます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「手押し車でじゃんけん」をご紹介します。

友達とペアになって手押し車をします。
まず前の子は片足クマの姿勢になり、片足を上げます。
後ろの子は前の子の膝か太ももあたりをしっかり持ちます。
そして、2人で息を合わせてゆっくり歩いていきます。

スムーズに歩いていくためには、特に後ろの子が

前の子のペースに合わせて動くことが大事なので、

前の子の動きをよく見て歩けるようにします。

 

前の子は、後ろの子が足を持ちやすいように、

そして体がまっすぐになるようにお尻を上げるイメージで

体が反らないようにしながら前を向いて歩きます。

 

途中で指導者が声を掛けるので、合図があったら

一番近くのペアと、前の子同士でじゃんけんをします。
手押し車のままじゃんけんをするには、

片手だけで体重を支えなければいけません。

そして、その不安定な状態で相手とタイミングを合わせてじゃんけんをします。


さらにその時も、しっかり腹筋背筋に力を入れて

体をまっすぐにしておかなければ、手押し車がつぶれてしまいます。
一度に複数のことに意識を向けなければいけないので

少し難しい遊びになりますが、

少しずつ腕の力や体幹の力をつけながら挑戦していきたいと思います。