ASD、ADHDなど発達障害の子ども達が通い、楽しく療育を受けています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

放課後等デイサービスは、ADHDやASD(自閉症スペクトラム)などの

発達障害を持つ子ども達、発達に不安のある子ども達が通う、

学童のような場所です。

ただ、通常の学童と違い、療育(治療教育)を受けることができます。

私達こどもプラスつくば教室でも、お子さんをお預かりするだけでなく、

1人1人に最適な療育カリキュラムを作成して支援を行なっています。

 

その運動療育プログラムの中から

「足を使った積み木積み」をご紹介します。

体操座りのように膝を立てて座り、両手は後ろにつきます。

そのまま足だけを持ち上げて、目の前にあるブロックや

箱などを両足で挟み、どんどん上に積み重ねていきます。

 

足で挟んで持ち上げる時は、両足の親指辺りを使って挟むようにします。

座ったまま足だけを持ち上げて動かすことで、

腹筋や太ももの筋力が強く養われます。

また、集中力が身に付く遊びでもあります。

 

長い時間行なうのは太ももも腹筋もつらくて大変ですが、

遊びにすることで無理なく力をつけていけるので、

つらさを感じないような楽しい設定で

できるだけ長い時間足を上げていられるようにしています。

そして、つけた力を日常生活の中で活かせるように

日々の療育活動に力を入れています。