放課後等デイサービスには特別支援学校や学級に在籍していなくても通う子が増えています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

従来、放課後等デイサービスに通う子どもの多くは、

特別支援学校や特別支援学級に在籍している子がほとんどでしたが、

今は通常学級に在籍していて発達に不安のある子ども達も

通うケースが増えています。

 

療育では、子ども自身のストレスや不安を減らしながら

持っている能力を引き出すことができます。

できるだけ早期に始めることがその後のことを考えても大切です。

 

 

こどもプラスの教室が提供する運動療育プログラムの中から、

「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

跳び箱に両手をついて前を向いたら、

手はついたままで足を後ろに蹴り上げ、空中で足打ちをします。

足打ちは足の裏を打ち合わせるようにします。

 

手をついたままで体を浮かせるので、体を支える腕の力や、

空中で体のバランスを取る体幹の力、

見えない位置で足を打ち合わせる空間認知の力や体の操作力、

跳び箱の上で体を浮かせる高所感覚など、

たくさんの力を身につけることができます。

 

基礎的な筋力が育つことで日常生活での怪我が減り、

体の動かし方の幅も広がります。

いろいろな動きができるようになると、

子どもの自信につながるので、多種多様な遊びを提供し、

できることを少しずつ増やしていきたいと思います。