アスペルガー症候群は子どものうちからの対応や教育で素晴らしい才能を発揮することがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムに含まれる発達障害の1つです。

自閉症の特性は持ちながら、

知的障害や言葉の遅れがないために見つけるのが難しいことがあり、

グレーゾーンのままで悩んでいる保護者の方も多いと思います。

 

しかし、アスペルガー症候群は周囲の正しい理解と

適切な療育、支援により力を伸ばしていくことで

驚くような才能を発揮することもあります。

まずは子どもの特性を理解することから始めていきましょう。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

療育として様々なものを提供しています。

主軸の運動療育では楽しく体を使って遊びながら脳機能を向上させ、

日常生活でのレベルアップを目指しています。

 

その運動療育プログラムから「カップタッチクマ」をご紹介します。

まず床には赤・青・黄などの色のカップを

間隔を空けて並べておきます。

子ども達は四つんばいから膝とお尻を上げて歩く「クマ歩き」で

歩いて行きながら、カップを片手でタッチしていきます。

 

最初は好きな色のカップにタッチし、

次からは指定された色をタッチすることに挑戦します。

「赤いカップだけ」「青と黄色以外」「バナナの色」

「黄色→赤→青の順番で」など

様々な伝え方で指示を出し、語彙力やイメージ力、記憶力なども

養いながら遊びます。

 

子どもによって理解しやすい方法や記憶力などに差があるので、

個々に合わせたやり方で、それぞれが力をつけていけるようにしています。