体幹バランスが弱いことが多いASDの子ども達に運動療育を。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)のある子ども達は

体の体幹バランスが弱い子が多く見られます。

運動療育を主軸としているこどもプラスの教室では、

効果的に身体能力を上げることができ、

体操教室ではないので楽しく遊びながら取り組むことができます。

また、運動あそびをする中で友達との関わりも大切にし、

社会性、コミュニケーション能力を養うことも大事にしています。

 

放課後等デイサービスは、障害のある子ども達の学童としての

役割もあるので、放課後の時間を安心して過ごせる場所でありたいと思います。

 

 

教室で行なう運動療育プログラムの中から、体幹を育てる

「めだか走り」をご紹介します。

両手を胸の高さに上げ、前にまっすぐ伸ばして手のひらを合わせます。

そのまま手を維持しながら走っていきます。

 

通常私達が走る時には、体の横で腕を振って体のバランスを

とっているので安定して走ることができますが、

手を前に固定することで体の軸がぶれやすくなります。

そのためにバランスを維持しようとする力が高まり、

腹筋や背筋が養われます。

 

自由に走ったり、指導者の後について走ったり、

障害物を潜り抜けたり、いろいろな遊び方で楽しく遊びながら

子ども達の心、体、脳を育てていきたいと思います。