発達障害児に多い手先の不器用さも運動療育で改善できます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症スペクトラム(ASD)に含まれるアスペルガー症候群では、

体の使い方が不器用で、運動が苦手で手先も不器用なことが多くあります。

体育の授業の跳び箱や鉄棒、縄跳び、ダンスなども苦手。

朝の着替えでも服のボタンが留められない、

食事の時箸がうまく使えない、授業でも鉛筆をうまく使えない、

ハサミなども使いこなせないので図工も苦手、

といったように、日常生活から学校生活、学習にも影響が出てきます。

 

こんな不器用さも、段階を踏んで丁寧に練習していけば

少しずつ改善していくことができます。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

体を大きく動かしたり指先まで意識して動かしたりと、

様々な動きを遊びの中で行なうことができます。

 

その運動療育プログラムの「うつ伏せレスキュー隊」をご紹介します。

長めの縄を1本床に置き、一方は指導者が持ち、

もう一方は子どもが床にうつ伏せの姿勢で握ります。

 

腕の力が弱い子は、そのまま縄を引っ張って引きずって遊びます。

できそうなら、手を交互に動かして縄をたぐり寄せるようにして

前に進んでいってみます。

手の力だけで難しい場合は足の力も使いながら進み、

最終的には仰向けで手の力だけで進めるようにします。

 

主に腕を引きつける力を育てて鉄棒につなげる遊びですが、

握力も養うことができ、手先の力を育てることにもつながります。

子どもの発達段階によって遊びを変化させながら、

必要な力を1つ1つ補っていけるようにしています。