注意力が持続しないADHDの子ども達も療育によってその能力を育てることができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

不注意、多動性、衝動性などの症状があるADHDの子ども達は、

集中力がない、じっとしていられない、衝動をおさえることができない、

などの特徴で日常生活にも困難さを感じている状態です。

その生き辛さを感じた状態が長く続くことで、

精神的な二次障害まで併発してしまうこともあります。

早期の支援や療育で子ども達の成長を促し、世界を広げてあげましょう。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは

運動あそびによる運動療育を主軸としていますが、

運動は、集中力や判断力、記憶力、思考力を高めるのに

とても効果的といわれています。

 

その運動療育プログラムから「焼いもごろごろピン倒し」のご紹介です。

スタートラインから少し離れたところには、

ボーリングのピンに見立てたものを置いておきます。

子ども達は2人ペアで向かい合って寝転び、

手足をまっすぐ伸ばした「焼いも」になります。
両手はバンザイのようにし、ペアの友達としっかりつなぎます。
そしたら2人で息を合わせて転がっていき、ピンを倒します。

 

ピンに向かってまっすぐに進み、上手にピンを倒すには

お互いに相手に動きを合わせるようにしなければ、
手が外れてしまったり、コースが曲がっていってしまうので

うまく倒せません。

お互いがお互いを意識しながら動けるように繰り返し遊び、

社会性も強く育てていきたいと思います。