ダウン症児も安全にできる運動療育で姿勢改善や肥満防止につなげます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ダウン症児は、全体的に筋肉量が少なかったり、

関節や筋緊張に問題があることから運動発達に遅れが見られます。

そのため、姿勢が保持できなかったり階段の昇り降りも苦手だったり、

運動不足から肥満につながってしまうこともあります。

ダウン症では合併症も多いため、医師から運動を止められていることも

ありますが、運動ができる状態であれば運動療育がおすすめです。

 

私達こどもプラスの運動療育は、1人1人の発達段階に合わせて

難易度調整が幅広くできるので、どんなお子さんでも行なうことができます。

 

 

運動療育プログラムの中から「平均台を手を広げて渡る」

遊びをご紹介します。

平均台の上から落ちないように渡っていく遊びですが、

最初は2本の平均台をくっつけて2本幅で渡ります。

 

途中で落ちたりして高さに対して恐怖心を感じてしまうと

逆効果なので、苦手な子は手をつないだり、

平均台よりも低い高さの物で練習します。

特にダウン症では平衡感覚の弱さもあるので、

慎重にゆっくり遊んでいきます。

 

「たのしい」と感じてもらうことが、またやりたいという

気持ちを促し、次の活動へのやる気、自信にもつながるので

楽しい、心地よいと感じる程度の運動あそびで

生活に必要な基礎的な筋力を養っていきたいと思います。