対人スキルの低さもADHDの特徴の1つで改善が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のADHDの症状の1つとして、

対人スキルが低いということも挙げられます。

自閉症やアスペルガー症候群を含むASDのように

空気が読めないわけでもなく、相手の気持ちがわからないわけでも

ないのですが、ADHDでは周囲の状況を理解、判断することが

苦手なので、自分のことだけで精一杯で

人のことまで考える余裕がないということが原因です。

他にも、衝動的な言動をしてしまうことも原因の1つです。

 

社会生活を送っていく上で対人スキルは必要不可欠な能力なので、

療育活動によってスキルアップを目指していきます。

 

 

運動療育プログラムの「運転手さん」遊びをご紹介します。

子ども達は2人ペアになり、1人は仰向けになり、

もう1人はその子を押す役になります。

仰向けになった子は、足を閉じてまっすぐ伸ばし

両手も体の横にぴったりつけて「気をつけ」の姿勢を作ります。

押す役の子は、その子の両足を持ち上げてつかみ、

自分のお腹にくっつけて押して進みます。

 

スムーズにまっすぐ進むポイントは、仰向けの子が全身に力を入れて、

硬い1本の棒のようになることです。

また、押す役も押される役も、どちらか一方でも脱力した状態だと

力がうまく伝わらず、なかなか進むことができません。

2人で同時に力を入れながら進んでいけるように、

お互いに相手を意識しながら動くことを覚えていきます。

 

役割を交代しながら遊び、社会性の発達も促していきたいと思います。