学習障害の子に最適な環境を整えるには、正しい診断が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

学習障害(LD)は、見つけにくい発達障害ですが、

早期発見と早期療育が何よりも大切です。

他の発達障害との合併の有無、

読字障害、書字障害、読字・書字障害、算数障害、

それぞれに最も適した療育を受けることが、

子どもの自信や自己肯定感、意欲を下げずに

能力を伸ばしていくことにつながります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

学習サポートも行なっています。

学習効率を上げるには、集中力をアップさせる必要があるので

運動を効果的に組み合わせています。

 

教室で行なう運動療育プログラムから

「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介していきます。

ゴム紐を張って、少し高さのある障害物を作ります。

そして、ゴム紐の前に立ったら、ジャンプして跳び越します。

 

ゴム紐に当たらずにスムーズに跳び越せるようになったら、

次は着地で音を立てない、静かな跳び越しを練習していきます。

音を立てないように着地するには、膝の曲げから

全身のクッションをうまく使う必要があるので、

全身の連動性や身体コントロール力が身についてきます。

 

そして、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張る力や

腹筋背筋などの体幹の筋力も養われるので、

日常生活で姿勢良く座っていられるようになったり、

まっすぐ安定して歩くことにもつながります。

 

いろいろな支援方法で、日常生活がしやすくなるように

子ども達をサポートしていきます。