得意なことと苦手なことの差が大きいASDの子ども達の力をしっかり伸ばします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症、アスペルガー症候群など)の子ども達は、

できることとできないことの差が大きくなる傾向にあります。

自分の興味があることや得意な分野には、

圧倒的な力を発揮することができますが、

それ以外の分野ではあまり興味を持つことができない

ということがあります。

 

勉強では、もちろん全教科がよくできた方が良いのですが、

得意な分野があればそこを評価し、

伸ばしていくことで将来の可能性につながることもあるので、

苦手なことは無理をせず、得意なところを伸ばしていくことが大切です。

 

学習に向かう前には、少し体を動かしておくと

集中力が発揮できるので、こどもプラスの教室では

運動と学習をうまく組み合わせて指導しています。

 

その運動療育プログラムから「風船運び」をご紹介します。

子ども達は2人ペアになり、広げた新聞紙を一緒に持ちます。

その新聞紙の上に風船を乗せるので、

落とさないように2人で一緒にゴールまで運びます。

 

風船を落とさないように進むには、

自分のペースだけで進まず、ペアの相手と動きを合わせて

一緒に進んでいくことが大切です。

相手の動きに合わせて動くことは、

子どもの発達の過程でとても大切なことなので、

積極的に取り入れながら遊んでいきたいと思います。