発達障害に気付かず生き辛さから二次障害を併発してしまうことも。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

幼少期からADHDの症状がありながらも見過ごされ、

困難さを多々感じながら大人になり、

生活面や仕事面での失敗を繰り返して

やっとADHDの診断がつく、というケースが多くあります。

 

この場合、幼いころから周囲からの注意や叱責を多く受け、

失敗経験も多かったことで自己肯定感が下がり、

精神的な二次障害を患ってしまうこともあります。

 

ADHD、ASD、LD、どんな発達障害でも、

適切な療育を早期に受けることで本人の生きやすさが変わってきます。

 

こどもプラスで提供する運動療育プログラムは、

体を動かしながら人と関わる力を身に付け、

心や脳の発達も促すことができます。

そのプログラムの中から「足引き飛行機」をご紹介していきます。

子どもはうつ伏せに寝転がり、顎を少し上げて

腕は横に伸ばして広げておきます。

そしたら、その両足を持って後ろに引っ張っていきます。

 

子どもは顎が床につかないように頭を持ち上げるので、

首から背筋にかけての筋力が育ちます。

さらに腕を広げて上げることでより背筋が刺激されて強くなり、

日常生活での良い姿勢を維持する力が向上します。

 

とても楽しみながらできる遊びなので、

いろんなアレンジを加えながらたくさん遊びこんでいき、

健康な体作りをしていきたいと思います。