考えるより先に動いてしまうADHDでは身の危険もあるので注意が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの子ども達の中でも衝動性の強いタイプの場合は、

駐車場で飛び出してしまったり、

交通事故に遭うなどの可能性も高くなるので、

事前にしっかりルールを決めておくなどの対処が必要です。

しかっても改善するものではないので、

環境調整や事前の約束などが効果的です。

 

衝動性は年齢と共に落ち着いてくることが多いので、

根気良く見守り指導していくことが大切になります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する運動療育プログラムは、

継続的に行なうことで落ち着きが出て、

感情のコントロールができるようになるという効果もあります。

 

運動療育プログラムの中から「富士山」遊びをご紹介します。

子どもは友達と2人ペアになり、

向かい合って体操座りをします。

両手をつないで足裏をぴったり合わせたら、

ゆっくり足を上に上げていき、膝を伸ばして富士山の完成です。

 

この遊びは、自分だけのペースで行なうとうまくできず、

相手と動きを合わせることがポイントです。

子ども達の発達の中で、相手と合わせて動くことはとても重要です。

遊びの中でしっかり社会性を養っていけるように

細かな工夫をしながら支援していきたいと思います。