LDは知的障害はありませんが、生活面での困難は多々あります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

LD(学習障害)は、知的障害は伴わず、

特定の分野以外の能力は困難がないために見つけにくく、

見つかってからも理解されにくい発達障害であるといえます。

そのため、適切な支援を受けるのが遅れ、

精神的な二次障害を引き起こしてしまったりするケースもあります。

 

子どもの様子をよく観察し、早期発見早期療育が何より大切です。

私達こどもプラスでは、就学前の小さなお子さんでも

取り組むことができる療育プログラムで

発達障害やグレーゾーンの子ども達を支援しています。

 

主軸の運動療育プログラムから「いじわる縄跳び」をご紹介します。

大縄跳びを跳ぶ時のように縄の真ん中に入って

縄を跳びますが、この遊びでは縄は回しません。

左右にゆらゆらと揺らすので、引っ掛からないように跳びます。

その時、定位置で跳び続けることがポイントなので、

床には四角い枠を書いておき、その中から出ないようにします。

 

また、縄は小さく揺らしたり大きく揺らしたりするので、

しっかり縄と回し手の動きを見る必要があります。

そうすることで子どもの身体周辺感覚を広げることができ、

今後の動きの幅が広がってくるので、

下にばかり目線がいきがちですが、

回し手にも意識を向けられるように練習していきます。

 

慣れてきたらアレンジを加えながら少しずつレベルアップし、

頭と体を動かして、いろいろな能力を身につけていくことができます。