発達障害への理解を深めることが適切な支援につながります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

最近は芸能人の方でも発達障害を告白される方がいて、

「発達障害」という言葉が以前より身近なものになっています。

それでも詳しいことは知らないという人が多く、

誤解を受けたり、なかなか理解してもらえないということも

まだまだ多くあります。

 

また、発達障害と一言で言ってもADHDだけの人や

学習障害とADDを併発していたり、

知的な遅れの有無などその人によって特徴や症状は様々で

全く同じ症状ということはありません。

そこで、個々に合わせた療育がとても重要になります。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

1人1人に合わせた療育カリキュラムで、

運動支援や学習サポートを行なっています。

 

その運動療育プログラムから「両手ハイタッチ」をご紹介します。

子どもと向かい合って立ち、両手を出します。

子どもはジャンプして、その手に両手同時にタッチします。

低い位置、高い位置、左右高さの違う位置に手を出したりしながら、

一定のリズムでタッチするようにしていきます。

 

跳躍力やリズム感、空間認知能力などいろいろな力を

養うことができる遊びです。

体を実際に動かすことでしか身につけられない力もあるので、

たくさんの体の動かし方を経験してもらえるようにしています。