発達障害特性の薄いグレーゾーンの子ども達にも療育による大きなメリットがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害というのは、「ここからが発達障害」というように

明確に線引きがされるものではありません。

グレーゾーンの子ども達は、日常生活や社会生活に支障をきたすレベルの

障害とは言えなくても、発達障害の特性は持っているので、

早期の療育や支援が必要なのです。

 

早期療育を受けることで、自分の特性への対処法を身につけておくことが

できるので、本人にとっても大きなプラスになります。

こどもプラスでも、1人1人の特性に応じた療育カリキュラムで

丁寧に指導をしています。

 

 

私達の教室で提供する運動療育プログラムから

「カンガルー高鬼」をご紹介します。

鬼(指導者)も子ども達も、両足をくっつけてジャンプする

カンガルーに変身します。

子ども達は、鬼よりも高いところに逃げれば捕まりません。

 

逃げる時に足がバラバラになりがちですが、

足をくっつけたまま進むことで抑制力が育つので、

足が離れてしまう子が多い場合は、

両膝の間にタオルやハンカチを挟んで行うようにします。

 

ジャンプ遊びは子ども達の体の発達において

とても良い遊びなので、認知的な部分を育てるような工夫で

たくさん取り入れるようにしています。