ADHDでの生活の困難さを軽減するには周囲の工夫や支援が欠かせません。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDのある子ども達の生活の中での困難さを減らすためには、

環境調整や周囲の工夫が必要です。

対処法は一人一人異なりますが、子どもを認め、褒めながら

能力を伸ばしていくことが大切になります。

今できることを大切にしながら、持っている能力を

最大限に引き出せるように療育を行なっていきたいと思います。

 

私達こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「2人でボール運び」をご紹介します。

子ども達は2人ペアになり、友達と2人で協力して

ボールをできるだけ速くゴールまで運びます。

 

まずは2人の手でボールを挟んで運びます。

それができたら、2人の腰の部分でボールを挟んで運びます。

腰でボールを挟んで運ぶのはかなり難易度が高く、

二人三脚をするように、内側の足を2人で同時に

出さなければボールが落ちてしまいます。

より「協力」の要素が必要になるので、

お互いに相手と息を合わせられるようにすることが大事です。

 

他にもいろいろな遊びを通して、

子ども達の体や心、脳を育てていきたいと思います。