発達障害の正しい診断が適切な支援につながります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

生活の中で困難が多くあり、発達障害が疑われる場合には

発達障害の診断を受けることにはいろいろなメリットがあります。

ASD、ADHD、LDなどの発達障害は先天性の障害のため、

根本的に治すということはできませんが、

診断を受けることで、今までのことが

「自分の努力不足ではなかった」と安心することができます。

また、適切な支援を受けられるようにもなるので、

様々な面での改善につなげることができます。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する

運動療育プログラムから「忍者ゲーム」をご紹介します。

「人に興味を持つ」力を育てるのに効果的な遊びです。

 

まず、子どもと向かい合って立ちます。

指導者は新聞紙などで作った剣を持ち、

指示を出しながら剣を振るので、

子どもは剣に当たらないように避けます。

「頭」と言った時は子どもの頭の上を剣でスイングさせるので、

子どもは頭を抑えてしゃがんで避けます。

「足」と言った時は剣で足元をすくうように動かすので、

ジャンプして避けます。

これを交互に連続して行ないます。

 

連続して行なうことで、1回跳んだ後すぐに次の指示を聞く準備や

体勢を整える準備をする必要があり、

集中力や判断力、瞬発力が養われます。

また、体幹や柔軟性なども養うことができるので

子ども達にはとても良い遊びです。