視覚優位な自閉症の子ども達には伝え方の配慮が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症やアスペルガー症候群といったASD(自閉症スペクトラム)の

子ども達は、「視覚優位」であることが多く、

瞬間的に消えてしまう人との会話は苦手です。

 

大事なことは視覚的な伝え方で伝えることも入れながら、

よりわかりやすいように工夫し、

少しずつ理解度を上げていくことが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「ジグザグかけっこ」をご紹介します。

縄やテープで床にジグザグのコースを作り、

スタートの合図で指導者が子ども達を追いかけます。

子ども達はコースの中をジグザグに走って逃げます。

 

追いかけられて楽しくなると、

ついコースを外れてしまうことがありますが、

コースからはみ出さないように事前に約束しておきます。

 

ジグザグに方向転換する時は、

つま先に力を入れて踏ん張り、下半身で動きを切り返しながら

上半身を進行方向に向けていく動作が必要になります。

この動作を繰り返すと「巧緻性」という体の器用さを

育てていくことができ、今後さらにいろいろな動きができるようになります。

 

慣れてきたらコースの幅を狭くしたり、

ジグザグの角度をきつくしたりしながら難易度を上げていきます。

他にも、コースの線をコーンなどを間隔を空けて置いて作ると、

点と点を頭の中でつなげてイメージすることができるので、

イメージ力や空間認知能力の発達につながります。

 

アレンジ次第で育つ力はどんどん増えるので、

子ども達の興味と合わせながら楽しく力の発達を

目指していきたいと思います。