同じ診断名でも特性は個々に違うので、適切な支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

「発達障害」といっても、その症状の程度や特性の現れ方は様々です。

例えばADHDというと、いつも落ち着きがなく乱暴者な

イメージを持っている方も多いですが、

衝動性や多動性はほとんどなく、不注意の部分だけが

強く現れているような子もいます。

ASDでも受動型と積極奇異型ではその特徴が全く違います。

 

大事なことは、その子の特性に合った支援や関わり方をし、

症状の改善、軽減を目指していく事です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「シルエットグーパー」をご紹介します。

いろいろなシルエットカードを使って、〇×ゲームをします。

指導者が出すクイズの答えが〇だと思ったら、

両手両足を大きく横に広げたパーの姿勢になります。

答えが×だと思ったら両手を曲げて胸につけ、

足を閉じたグーの姿勢になります。

 

シルエットは、果物や動物の絵など簡単なものから始め、

慣れてきたら、人が何かの動作をしているところのシルエットにも

挑戦していきます。

例えば、人が電話をしているところ、料理をしているところなどの

シルエットで、その人が何をしているのか考えていきます。

 

これが、日常での相手の気持ちを考えることにつながり、

コミュニケーション能力の向上が期待できます。

 

子ども達が今興味のあることなども取り入れながら、

自主的に遊びに取り組むことができるようにし、

楽しく遊びながらいろいろな力をつけていきたいと思います。