ADHDで「不注意」が優位だとうっかりミスが続き自尊心が低下しやすくなります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ADHDの女の子に多いのが、多動性や衝動性の症状はほとんどなく、

不注意の部分だけが目立つタイプです。

この場合、全てにおいてケアレスミスが多くなります。

聞き間違いや書き間違い、忘れ物などうっかりミスが

多発し、失敗を繰り返してしまいます。

また、行動面での多動はなくても「頭の中が多動」な為に

次々に考えが浮かび、なかなか作業が完了しません。

 

これらのことは本人にとって大きな困難となり、

自尊心を低下させ、二次障害につながってしまうこともある為、

少しでも早く適切な診断と療育の開始をすることが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「さるのカップキック」」をご紹介します。

まず鉄棒にぶら下がり、脇を締めて腕を曲げ、

おさるさんになります。

 

指導者は鉄棒の前で赤と青のカップを持ち、
どっちの色をキックするかを伝え、
子どものお腹くらいの高さにカップを出します。
子どもは指示された色のカップをキックします。


キックをする時は両足を揃えられるのが理想ですが、
最初は片足キックでも良いので、

まずは指定されたカップをキックする練習をします。

 

慣れてきたらその都度指示を出すのではなく、

「赤→青→赤」などキックする順番を先に伝え、

記憶力を刺激する遊び方もしていきます。
ぶら下がりで筋力を使っている状態で同時に頭を使うことが、
前頭前野をより活発に働かせてくれるので、

段階に合わせた内容でたくさん遊んでいきたいと思います。