ASDでの常同行動には理由があるので無理に制止してはいけません。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症スペクトラム(ASD)の子ども達には、

常同行動と呼ばれる行動があり、その種類には様々なものがあります。

これが他人を巻き込んで社会活動を妨げたり、

本人や周囲に危害を加えてしまうなど、

社会生活上で問題を及ぼす場合には対処が必要です。

 

常同行動の原因には、何か不満を訴えたかったり

精神的に不安で安定を求めていたり、

退屈で刺激を得ようとしていたり理由があるので、

制止するとかえってパニックになったりして逆効果です。

 

原因や状況によって臨機応変に対応していくことが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」をご紹介します。

かかとを上げて、つま先だけで忍者のように静かに走ります。

 

つま先立ちで走ることで、

足の親指の力や足首の蹴り返しの動きが育つので、
普段転びやすい子や、動きがぎこちない子に

特に良い遊びです。

 

また、足の親指にしっかり負荷をかけることは
土踏まずの形成にも役立ちます。

土踏まずは体のバランスをとったり、

速く走る、疲れにくくなるといった役目もあるので

日ごろから意識して育てていきたいと思います。