ASDに多く見られる感覚過敏はパニックや問題行動の原因にもなります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症スペクトラム(ASD)の子ども達のほとんどに見られるのが

感覚過敏、または鈍麻の症状です。

外から入ってくる五感からの刺激をコントロールすることができず、

音や光に敏感だったり、においや味に敏感だったり、

触られることが苦手だったりします。

 

これは本人にとってはものすごいストレスになり、

教室から飛び出したり、友達に手を出してしまったり、

パニックになるなどの原因にもなってくるので

事前に環境調整しておくことが大切です。

 

子ども達の生活がストレスなく安心できるものになるように

支援・サポートをしていきたいと思います。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「片足クマの通院」をご紹介します。

マットを敷き、その下に丸めたゴザや積み木などを入れて、

でこぼこした道を作ります。

子ども達は、その上を両手と片足の3本足で歩く片足クマさんで歩きます。

 

不安定な足場なので、スムーズに進むためには常に先を読んで

手足を動かす必要があります。

次はどこに手をつけば安定するか、

足はどこに持ってくれば良いかを考えながら動くことが

ポイントです。

 

繰り返し行なうことで全身の調整力も身に付いてくるので、

子ども達と一緒にコースを作りながら、

たくさん遊んでいきたいと思います。