ASDの傾向がある子ども達はコミュニケーションに関する特徴が目立ちます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の傾向がある子ども達は、

成長と共にコミュニケーション面での特徴が

目立ってくることが多くなります。

 

話し方が一方的で相手の反応はお構いなしだったり、

相手の気持ちを考えることができずに発言して

相手を傷つけてしまったり、同じことを何度も聞いたりしてしまいます。

 

しかし、これらは悪気があるのではなく

あくまでも生まれつきの脳機能障害が原因なので、

いくら周りに注意されてもなかなか良くなりません。

適切な方法で療育を受けることが、改善への一歩です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「大縄のポイント走り抜け」をご紹介します。

まずは、回っている大縄の中を1人ずつ

走ってくぐり抜ける遊びを行ないます。

 

慣れてきたら、ただ走り抜けるのではなく

大縄に入るポイントと出るポイントを指定します。

右から入って左斜めに抜けるコース、

正面から入って直線に抜けるコース、

左から入って右斜めに抜けるコースの3つです。

 

ただ走り抜けるだけの時は縄の位置にだけ

意識を向ければ良かったのですが、
コースが決まっていることで入り口と出口の

ポイントにも意識を向けなければいけなくなります。


縄とコースの両方に意識を向けながらできるように
入り口と出口には目印を作っておきます。

この遊びが上達すると、2つのことに同時に意識を向ける力や
空間認知力、判断力やリズム感なども

身につけていくことができます。

 

1人1人得意不得意があるので、個々に合わせた遊び方で

無理なく楽しく挑戦できるようにしていきます。