子ども達がのびのびと育っていけるような療育を行なっています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

療育とは治療教育のことで、子どもの持っている力を引き出し、

生活をしやすくすると共に将来の社会的な自立を目指す支援です。

療育で大切なことは、無理やりやらせるのではなく

子どもが自主的に取り組めるものであることです。

子どもに合ったものであればどんどん取り組むことができ、

のびのびと力をつけていくことができます。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムは、子どもの興味を惹く楽しい設定が豊富で、

運動が苦手でも遊び感覚で楽しく取り組むことができます。

そのプログラムの中から「2人で障害物スキップ渡り」をご紹介します。

 

まずは友達と2人で手をつなぎ、一緒にスキップをします。

自分だけのペースで進まずに、

お互いに相手の動きを意識して一緒に進めるようになったら、

途中にゴム紐などで少し高さのある障害物を加えます。

 

こうすると、相手とスキップのリズムを合わせながら、

障害物を越えるためにジャンプをしなければいけないので、

一度に2つのことを処理する力が必要になり、

脳が活発に働きます。

 

このように2つのことに意識を向けて同時進行をする能力は

日常生活の中でも様々な場面で必要になります。

遊びの中で経験を積むことで無理なく力をつけられるので、

日々の活動の中に取り入れながら

少しずつ確実に力をつけていきたいと思います。