ASDでの自傷行為は起こさせない配慮が最も大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症やアスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム(ASD)の

子ども達には、しばしば自傷行為が見られることがあります。

激しいかんしゃくを起こして

頭を壁や床に打ち付けたり、手を噛んだりすることがありますが、

これを途中で制止しようとしたり

なだめようと声をかけたりすると逆効果で、

かえってパニックがひどくなってしまうので、

安全面に配慮をした上で落ち着くまで待つしかありません。


コミュニケーションの手段を獲得することで

自傷行為は減ってくるので、まずはそうならないように

原因となるものを取り除き、適切に対応することが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの「ペアで積み木」をご紹介します。

子ども達は2人ペアで向かい合って体操座りのように座り、
両手は後ろについておきます。
そして、2人で順番に両足の指先で積み木を挟んで持ち上げ、
積み木を高く積んでいきます。

 

足だけを使って積み木を積むので、

腹筋や太ももの筋肉が強くなる遊びですが、
まだ筋力が弱い子はあまり高く積むのは難しいので、
横に長く並べてみたり色ごとに並べてみたり、
その子に適したやり方で遊び、

空間認知力や考える力、イメージ力を育てます。

 

また、ペアで交互に積むことで、順番を待つことや

コミュニケーション能力も養われるので、

繰り返し遊んでいきたいと思います。