発達障害の子ども達に多くの成功体験で自信をつけていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症スペクトラム(ASD)やADHD、学習障害などを持つ子ども達は、

日常生活のあらゆる場面で困難が多く、

自分に自信を持てないことがよくあります。

 

自信を持ち、挑戦していくことが様々な能力の発達につながるので、

こどもプラスの放課後等デイサービスでは

より多くの達成感を感じ、成功体験を増やしていけるような

取り組みを大切にしています。

 

主軸としている運動療育プログラムの中から

「回転大縄跳び」をご紹介します。

1人ずつ大縄に入って跳びますが、

1回転ごとにくるくる回転しながら跳びます。

 

回転しながらジャンプをするためには

跳びながら上半身をひねること、

着地でバランスを保ち、次のジャンプの準備をすることが

必要になります。

 

大縄跳びでは「その場でのジャンプ」がポイントなので、

一定のリズムで一定の場所でのジャンプができるように

いろいろな方法で遊んでいきます。

 

子ども達が興味のあることや好きなことを取り入れながら、

1人1人が少しがんばって達成できるところに

目標設定をしながら取り組めるようにしています。