発達障害の子ども達は、肯定的な対応で自信を持って物事に取り組めるようになります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達は、日々の中での失敗経験が多いと

自分はだめな人間だと落ち込んだり、

課題を避けるようになったり、

問題行動を起こしやすくなったりします。

子ども達が自分に自信を持ちながら成長していけるように

スモールステップで成功体験を増やし、

声掛けも肯定的で具体的なものにすることが大切です。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室では、

運動療育や学習サポートなどの療育活動を行なっていますが、

その子の段階に合わせてスモールステップで

1つ1つをクリアしていけるようにしています。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「クマ忍者の修業」をご紹介します。

2枚のマットを、40cmほど間を空けて横に並べます。
子ども達は1人ずつ、クマ歩きで進みマットの隙間に入ります。

そして、両手はついたままで、まずは右のマットに

ジャンプして跳び乗ります。
次は左のマットへジャンプ、また右のマットへジャンプ
というように、繰り返し横方向への足だけジャンプを行ないます。

 

この動きは側転につながる動きなので、

少しずつマットの隙間を広げて
大きな横ジャンプができるようにしたり、
マット上の指定したポイントに着地できるようにしたり、
足をできるだけ高く上げるように挑戦しながら、
少しずつレベルアップを目指して遊んでいきます。

 

腕で体を支える支持力や、ジャンプの時に体を空中で

安定させる腹筋や背筋といった筋力が育ち、

体をコントロールする力がアップします。

体は動かすことで、筋力や感覚が養われていくので、

できるだけ多くの動きを体験していけるように

いろいろな工夫を取り入れて遊んでいきたいと思います。