発達障害グレーソーンの子ども達にも支援をしていくことが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害と診断されていなくてもその傾向がある

「グレーゾーン」の子ども達がいます。

ASDでの興味関心の偏りやこだわり、ADHDでの集中力のなさや

衝動的な言動、LDでの読み書きの苦手さなどは

発達障害の有無に関わらず、子どもなら誰もが

持ち合わせている特徴なので、

どこからが発達障害という明確な線引きはなく

診断が難しいのが実際です。

 

診断に関わらず、子どもが困難さを感じているのであれば

サポートしてあげることが必要です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」をご紹介します。

かかとをあげたつま先立ちで、足音を立てずに

静かに走ります。

忍者になったつもりで、「敵に見つからないように移動する」

という設定が、音を立てずに走ることの動機付けになり、

ドキドキわくわくしながら楽しく取り組むことができます。

 

また、つま先立ちで走ることで、

足の親指で地面を蹴る力や足首の蹴り返す力が育ち、

速く走ることができるようになります。

足の指先を刺激することは、体のバランスをとってくれる

足裏の土踏まずの発達も促してくれるので、

ただ走るだけではなくいろいろなアレンジを加えながら

楽しく繰り返しできるようにしていきたいと思います。