発達障害での姿勢保持の困難さには様々な理由があります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害を持つ

子ども達の中には、立っている時や座っている時の

姿勢保持が難しい子ども達が多く見られます。

その原因は1つではなく、複数考えられます。

腹筋や背筋など体幹の筋力不足や、

筋力はあっても、それを調節することが難しい場合。

お尻や足裏の感覚が未発達である場合。

話が難しくて混乱している場合。

動いていないと脳が覚醒しない場合。

個々に理由があるので、その原因に沿った支援が必要になります。

 

1人1人に必要な支援をし、能力を引き出していきたいと思います。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「積み木拾い」をご紹介します。

床にいろいろな色や形の積み木をばら撒いておき、

指示された積み木を拾ってくる遊びです。

 

まずは「積み木を3つ拾ってきてください」など数の認識だけにします。

慣れてきたら「青くて四角い積み木を2つ」や

「赤い積み木を1つと緑の積み木を2つ」など

数、色、形の認識を組み合わせて挑戦していきます。

 

自主的に参加できるように、子ども達が興味を持っていることを

うまく取り入れたりしながら、

さらに語彙力・コミュニケーション力の向上を目指せるように

促していきたいと思います。