成長とともに生活の困難さが増す発達障害では早期の対応がカギです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の定義は、子どもが成長と共に身につけていく能力が

同年齢の子と比べて著しく遅れていて、

それが生活にも支障をきたしている状態です。

年齢が幼いうちは特に問題とならないこともありますが、

成長するにしたがって対人関係などの困難が大きくなり、

本人にとっても生活し辛くなってしまいます。

 

できるだけ早い段階から適切な対応をしていくことで

発達を促したり、困難を改善していく方法を見つけることができます。

支援方法は1つではなく、その子に合った方法で行なうことが

何より大切なことなので、個々に寄り添った支援を大切にしています。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは

運動療育を主軸として療育活動を行っています。

その運動療育プログラムから「障害物つなわたり」をご紹介します。

床に1本の縄を置き、縄の上に間隔を空けて

コーンやぬいぐるみなどの障害物を置きます。

 

そして縄の上を落ちないように歩き、

障害物はまたいで避けながら最後まで進みます。

障害物は、またぎやすい物で少ない数から始め、

少しずつ障害物の種類や数で難易度を上げながら

挑戦していくようにします。

 

不安定な縄の上でバランスをとりながら歩くことで

体幹の筋力や集中力をコントロールする力などが養われます。

また、障害物を避けていくことでさらに空間認知力や

強いバランス感覚も養われるので、

一人一人の段階に合わせて提供し、

無理なく楽しく力をつけていきたいと思います。