発達障害の子ども達が自己肯定感を下げてしまわない支援が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害のある子ども達は、自分を客観的に見て

評価することや、他人を正確に認識するということがとても苦手です。

それに加えて小さい頃からの失敗経験の多さや

注意、叱責の多さなどから自己肯定感を下げてしまいやすく、

劣等感に苛まれることも少なくありません。

 

自分に自信を持って生きていくことができるように

周囲の支援・サポートが欠かせません。

 

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「指先でカップ運び」をご紹介します。

子ども達は少し間を空けて横一列に並び、

体操座りのように座って、両手は後ろ側についておきます。

この姿勢で両足でカップを挟んで持ち上げ、

隣の友達に順番に渡していきます。

 

カップの渡し方は、両足の指先で挟む他にも

片方の足の指先で挟んで渡す方法もあります。

やりやすい方法で良いので、足だけでカップを渡していきます。

 

この遊びでは、カップを渡す時に

相手が受け取りやすい位置を考えながら行なうことで、

相手を思いやることや社会性が養われます。

 

また、座って足だけを持ち上げることで

太ももの筋力や腹筋が育ちます。

この筋肉は姿勢良く座ったり、その姿勢を維持したり

するのに必要な筋肉なので、

遊びの中でたくさん刺激しながら養っていきたいと思います。