自閉症スペクトラムではそれぞれの特性に合わせた支援がポイントです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症スペクトラムとは、自閉症、高機能自閉症、

アスペルガー症候群、レット症候群、小児崩壊性障害、

特定不能な幅広い広汎性発達障害を含んだ総称です。

 

症状の程度や特性によってこのように分けられていますが、

本質的には1つの障害の連続体で、

全てに共通するのは「対人関係の障害」

「コミュニケーションの障害」「想像力の障害」です。

 

子ども達それぞれにその症状や特性には差があるので、

個々に応じた支援やサポートの仕方が最も重要です。

私達の教室でも1人1人に寄り添った支援を大切にしています。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「クマの姿勢で足じゃんけん」をご紹介します。

友達と2人組になって向かい合い、

四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になります。

そして、しっかり顔を上げて相手を見ながら、

2人でタイミングを合わせて足でじゃんけんをします。

 

足じゃんけんのやり方は、両手は床についたままで

足だけを動かしてじゃんけんをします。

グーは両足を閉じてしゃがんだ姿勢。

チョキは片足を曲げてしゃがみ、

もう片方を後ろに出して伸ばした姿勢。

パーは両足を伸ばして横に大きく広げた姿勢です。

 

じゃんけんのリズムに合わせてタイミングよく足を蹴り上げ、

グーチョキパーを正確に表現することで

腕の力や腹筋背筋、リズム感や身体コントロール力を養います。

 

 

そして、じゃんけんで相手を意識して一緒に動くことで

協調性や社会性が育まれていくので、

ペアを変えたり動きをプラスしたりしながら、

繰り返し楽しく遊んでいきたいと思います。