発達障害の診断は難しく、子どもの発達を総合的に見ていくことが必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の診断が難しい理由は、0歳や1歳の段階で

その兆候らしきものが見えたとしても、

そこで診断を確定することができないところです。

 

例えば言葉を話し始める平均的な時期に

まだ言葉を話さなくても、ただ遅れているだけで

すぐに追いついくことも多々あるからです。

そのため、子どもの発達を総合的に見て

判断していくことが大切になります。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

運動療育を主軸とした療育活動を行っています。

教室で行なう運動療育プログラムの中から

「まねっこ歩き」をご紹介します。

 

子ども達は指導者を先頭にして一列に並び、

前後の友達とぶつかったり、間が空きすぎたりしないように

一定の距離を保って歩いていきます。

これが、空間認知力や社会性を養います。

 

歩いていく途中で指導者がいろいろな動作をします。

両手を頭の上に乗せたり横に広げたりするので、

子ども達は指導者をよく見て、その動きを真似します。

 

前の友達と一定の距離を保ちながら歩くことを意識しながらも

先頭の指導者の動きをよく見ていて素早く真似をすることで、

集中力や判断力、イメージ力、模倣力、社会性などが

強く養われてきます。

 

少しずつ動作を複雑にしたり、歩くコースを工夫しながら

楽しく能力アップを目指していきたいと思います。