発達障害で字がうまく書けない理由には、いろいろなものがあります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の子ども達の中には、「字がきれいに書けない」

という子達が多くいます。

それは、手のコントロールが苦手で鉛筆がうまく握れない、

書く時にどの指に力を入れるかわからない、

そもそもお手本の字を認識する段階から

ゆがんで見えたり、1つの文字として認識できない場合など

様々な理由が重なっているので、

その子に合わせた方法で少しずつ身につけていくことが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

運動療育を主軸として活動をしています。

その運動療育プログラムの中から「跳び箱でカエルの足打ち」

をご紹介します。

まず両手をパーに開いて、跳び箱の上に

肩幅の広さでつきます。

顎を開いて前を向いたら、足を後ろに蹴り上げて

空中で2回足裏を打ち合わせます。

 

この時、腕の力が弱かったり足を高く上げすぎると

前のめりに落ちてしまうことがあります。

常に危険予測をし、補助につきながら行ないます。

  

この遊びでは、腕で体を支える支持力と

空中でバランスをとる腹筋背筋、高所感覚が養われます。

跳び箱や側転の上達につながる動きなので、

できるだけ足を高く上げて足打ちができるように

見本を見せながら挑戦していきます。

 

自分の体が思い通りに動かせるようになると

ますます運動することが好きになるので、

運動能力や体力、学力の向上にもつながるように

楽しく遊びながら能力アップを目指していきたいと思います。