ASDでのパニックは起こってしまったら落ち着くまで待つことが大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の多くは、

パニックを起こすことがあります。

その理由は様々で、急に予定が変わった時、

何かをしている途中でやめるように言われた時、

否定的な声掛けや怒られた時、

思い通りにならなかった時、

他にも感覚過敏によるものやこだわりが原因で

パニックになることがあります。

 

パニックは起こさせないようにすることが前提ですが、

もし起こってしまった時には声をかけたり

背中をさすったり抱きしめたりすると逆効果なので、

周囲や本人の安全を確保した上でほうっておくのが一番です。

そして、落ち着ける場所でクールダウンの時間をとると

自分で納得して落ち着くことができます。

 

一番速く落ち着く方法なども次第にわかってくるので、

子どもにあわせた対応が大切になります。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

運動療育を主軸としています。

その運動療育プログラムから「陸上バタフライ」をご紹介します。

子ども達は周りの友達と間隔を空けて立ち、

その場で腕を大きく回しながら両足ジャンプをします。

両足ジャンプは、足を閉じて行ないます。

 

腕を回しながら跳ぶ動きは、上半身と下半身で

別々の動きをするので慣れるまでは難しいですが、

短縄跳びはこの動作ができないと

できるようにならないので、

腕回しとジャンプのタイミングが合うように

ゆっくり練習していきます。

 

短縄跳びは複雑で難しい動きなので、

最初から縄を使って練習するのではなく、

このように動きを分解した遊びで

1つ1つ動きを習得しながら力をつけていき、

上達を目指していきます。

 

そうすることで失敗経験を減らし成功体験を増やしながら

行なうことができるので、とても効率的です。