子どもによって必要な支援が違うので柔軟な対応が必要です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

特別支援学級は、今は多くの学校に設置されていますが、

学校によってその支援の手厚さには大きな差があります。

この場合、手厚いのが良いかといえば必ずしもそうではなく、

発達障害の症状が軽度な子には

自分で経験をして学んでいく機会が必要なこともあります。

あくまでも自立に向けての支援が大切なので、

柔軟なサポートが必要になります。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、

1人1人に合わせた支援を行なうようにしています。

教室では運動療育を主軸としているので、

その中から「のれんくぐりクマ」という遊びをご紹介します。

 

鉄棒にマットをかけて、布団干しのようにした物を
2つか3つ用意して並べておきます。
子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になり、
頭でマット(のれん)を押しながらくぐっていきます。

1つくぐり終わって次のマットに移動する時は、

頭を上げて前を見て進み、
くぐる時は再度顎を引いて頭で押して進んでいきます。

 

マットをくぐる時、頭のどの位置で押すかがポイントで、
額に近い位置で押すと進みにくいですが、
頭頂部に近い部分で押すと進みやすくなります。

 

また、足の指先にしっかり力を入れて進むことで
地面を蹴る力が育ち、速く走れるようになります。
慣れるまでは膝をついた犬歩きでも良いですが、
少しずつ膝を上げてつま先でしっかり地面を蹴ることが
できるようにしていきます。

 

運動会に向けて、今から力をつけていけると良いと思います。