発達障害支援では、目に見える行動だけでなくその背景も知ることが適切な支援につながります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

「片付けられない」というとADHDやADDを思い浮かべることが

多いのですが、自閉症やアスペルガー症候群などASDでも

部屋が散らかってしまうという特徴が見られます。

ただ、その理由は同じではないので注意が必要です。

 

ADHDではワーキングメモリの弱さで

あちこち散らかって収集がつかなくなってしまいますが、

ASDでは片付けられないのではなく、

そのこだわりの強さから物が増えてしまったり、

捨てられないということが原因になったりします。

 

もちろん人によって差がありますが、

部屋が物で溢れている、ということがADHDだけの特徴では

ないということです。

どちらも、個々に合った方法で改善していくことが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

運動療育を主軸として療育活動を提供しています。

その運動療育プログラムから「跳び箱からジャンプ」

という遊びをご紹介します。

 

跳び箱の上から、ジャンプして跳び降りる遊びです。

ジャンプをする時は、足がバラバラにならないように、
両足を閉じたままジャンプをし、着地も足を閉じて行います。
また、ジャンプをする時と着地の時は膝を曲げて行い、
膝のクッションを使うことも身につけていきます。
膝を伸ばしたままのジャンプしかできないと、
縄跳びの時に安定せず、連続して跳び続けることができません。
膝の曲げ伸ばしをうまく使って

ジャンプができるように練習していきます。

 

レベルアップは、跳び箱を高くしたり、
着地点をフープやビニールテープで指定したり、
着地地点の前にフープを3つくらい並べておき、
着地したらそのままカンガルージャンプで

フープ渡るようにしたりしながら、

少しずつ難易度を上げていきます。

 

レベルアップはスモールステップで行い、

本人が楽しいと感じながらできるようにしています。

スモールステップなのでたくさんの達成感や

成功体験を積むことができ、

自分に自信を持ちながら挑戦していくことができます。