発達障害の特性もやり方次第で長所になり得ます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ASD、ADHD、LDなど発達障害を持つ子ども達は

得意・不得意の差が大きく、

マイナス面ばかり気になってしまうこともあると思いますが、

ASDではルールを守る、細かい変化に気付く、

記憶力が優れているといったことや、

ADHDでは想像力が豊か、エネルギッシュで行動的、

など、良い方向に伸ばせば長所になる部分がたくさんあります。

 

適切な環境で適切な療育を行ない、

子ども達のサポートをしていくことが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、

1人1人の症状や特性に沿った療育カリキュラムで

個々への支援を大事にしています。

 

教室で提供している運動療育プログラムの中から

「つなわたり握手」をご紹介します。

床に縄を置き、その上をつなわたりのように渡っていきます。

縄の途中に指導者が立っているので、

一度止まって握手をしてからまた進みます。

 

縄から落ちないように歩きながら

指導者の位置を視覚でとらえ、握手をします。

握手をする時にバランスを崩しやすくなるので、

しっかり足の指先や体幹でバランスをとって

最後まで縄から落ちないように気をつけて進みます。

 

足の指先の力やバランス感覚の他に、

集中力や空間認知力、社会性なども養うことができます。

距離設定や握手を出す位置、声掛けなど

細かく調整をしながら遊んでいき、

一番は子ども達が楽しめることを大事にしながら

活動できるようにしています。