ASDの子ども達は相手の表情から気持ちを読み取ることが苦手です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

定型発達の子ども達は、相手の表情や声のトーンなどから

相手の感情を読み取ることができます。

これは特に教えなくても、自然にできるようになるものですが、

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達には、

根気良く教えていく必要があります。

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムの中から「表情当てゲーム」をご紹介します。

指導者や友達同士で、相手の喜怒哀楽の表情を当てる

ゲームをします。

 

最初は指導者がいろいろな表情をし、

子ども達に当ててもらいます。

慣れてきたら子ども達同士でお互いに当てっこをします。

繰り返し行なうことで相手を感じ、

相手の気持ちを読み取る力が身に付いてきます。

 

遊びの中に取り入れると子ども達の力になりやすいので、

楽しく参加できるように工夫しながら

遊んでいきたいと思います。